採用・転職

内定式には参加すべき?受験生・人事両方の立場からお答えします。

[say name =”内定者” img=”https://taroling.com/images/nurseman-question.png”]公務員の内定式は出たほうがいいんだろうか?
そもそも内定式ってどんな事するんだろう?
もし内定式に出られない場合はどうすればいいんだろう? [/say]

こういった疑問にお答えします。

内定式は出たほうがいい

結論から言うと内定式は出席したほうがいいです。

理由がいくつかあるので説明します。

恋人ができる最大のチャンス!

一番推したいのがこの理由です。内定式は恋人を作るのに絶好のチャンスです。

わたしの市役所に就職してくる内定者を見ていても、内定式で知り合った男女がそのまま付き合うというケースが毎年必ず発生しています。

特に、美人でフリーの女性はすぐに彼氏ができます。内定式に出席しないとアプローチする機会すら得られないまま他の同期に奪われることになります。笑

私の職場には、内定式で出会い⇛付き合い⇛最終的に結婚した、仲の良い同期がいます。

同期との親睦を深めることができる

同期との仲を深めることで、仕事・プライベートどちらでも頼れる仲間を作ることができます。

内定してから卒業までの間、文系大学生ならかなり暇なことが多いです。

この暇な時間を充実させられるだけでなく、就職するための前準備も合わせて行うことができます

内定式で得られた同期の結束は長く続く!

私の同期の仲良しグループは内定式直後に飲み会を開催し、そこで仲良くなったグループで毎年夏に旅行に行く仲に発展しています。

市役所でアルバイトするチャンスを得られる!

内定式に参加すると、市役所でアルバイトするチャンスを得ることができます。

実は、内定式は人事課にとってアルバイト採用の貴重な場でもあったりします。笑

私の市役所ではアルバイト人材に常に困っていました。

職場に欠員が出たりするとアルバイトを任用する必要があるのですが、 法令のきまりでアルバイトは2ヶ月間しか雇えないという決まりがあって、 常に人材集めに四苦八苦していました。

なのでアルバイト要因として新採は格好の獲物なのです。笑

内定式でなんとなく向いてそうだなって人にその場で声をかけたり、内定式の印象をもとに電話をかけてアルバイトの提案をしています。

内定式の内容

他己紹介とグループワーク

私の市役所では、「自己紹介」と「グループワーク」を行いました。

内定式の内容自体は平凡なものです。

自己紹介やグループワークの発表などは当たり障りのない発言で問題ありません。

内定式の立ち回りが就職後の配属に影響を与える事はありません。

気をつけるべき点は、変なアピールをしないことくらいです。

この時点で癖のある人認定をされると後々まで尾を引きます。笑

内定式では気の合いそうな人を見つけて親しくなるのが目的です。

同じグループや近くにいる人と話して気の合いそうな人や恋愛対象と鳴るような人を見つけるのがいいと思います。

内定式の真髄は式終了後の飲み会!

内定式終了後に飲み会が開催されます。

この飲み会に参加することが内定式の真の目的と言っても過言ではないです。

飲み会の一次会には人事が登場

私の市役所の内定式後の飲み会には、毎年サプライズで若手の人事職員が飲み会に参加します。

1次会を内定者だけでワイワイ飲んでいたところに、急に人事課の職員が入ってきます。

すると場の雰囲気は一転し、さっきまではしゃいでいたのに急に黙り込む人、おべっかをつかってすり寄る人、人事をあからさまにヨイショする人などいろいろな思惑が交錯しててて面白かったです。

人事職員に気を遣うという厄介なイベントを1時間ほど終えると、最後に1〜2万円くらいのご厚志を置いて帰っていきます。

これを使って2次会へ行きます!笑

公務員って意外とウェイ系が多いと思った二次会

仕切り直して2次会は同期だけのハチャメチャな飲み会の場となりました。

公務員の飲み会はおとなしく終わるのかと思っていました。

たしかにそういう人達もいるのですが、私がいたテーブルでは飲みサーのコールを連呼してはしゃいでおり、ノリが若くてすごくチャラかった印象でした。

ちなみにコールが激しすぎて半年ぶりくらいに吐きました。しかも2回

[say name =”ススム” img=”https://taroling.com/images/profile-image-original.png”]公務員てもっとおとなしいやつじゃないんかい!! [/say]

というギャップに驚きながら便器にうずくまっていました。

内定式に出られなかった場合はどうなるの?

様々な事情で内定式に出席できない方もいると思います。

以下はそういった方に向けて書いていきます。

内定式に出席しなくても、必要な手続きを行えば公務員になることができます。

必要な事務処理上の手続きは郵便で行う

内定に際して、必要な提出書類や健康診断の受診は郵便などを通して行うことができるので問題ありません。

内定式で配布した資料なども郵送で受け取ることができるので、出席している人と同じような情報を得ることができます。

「取り残されるんじゃないか」ということを心配している方へ。気の合う同期は、同期の研修でも見つけられるから安心してください。

確かに内定式で仲良くなった人たちのグループができていることはありますが、内定式に出席できなかったとしても、内定後に頻繁に研修が頻繁に行われるので、そこで気の合う人が見つけることができます。

個人的には「公務員」という職種を目指している人たちは、似たような同質的な性格の人が多いので気が合う人は、大学や高校よりも見つかりやすいと感じました。

まとめ

内定式は可能であれば出席しましょう。コスパが最強だと思います。仲のいい友達、恋人をつくるだけでなく就職後のコネクションづくりにも役立ちます。

大学生の場合、特に内定後は暇なことが多く、損得勘定抜きにしてもふつうに楽しめる場です。

ここまでご覧頂きありがとうございました。

ABOUT ME
susumu
関東の某市役所を主席(1位)合格しました。 公務員を目指している受験生や公務員への転職を考えている人に向けて、公務員の採用現場の裏側や人事制度・仕事など公務員生活に役立つライフハックを書いていきます。

公務員でも合法的に稼げる副業まとめについて、以下の記事で解説しています。

「現在の公務員の給料じゃ満足できない!もっとたくさん稼ぎたい!」

こう考えている方はぜひご覧ください。