プライベート・恋愛・結婚

現職公務員が語る街コンで公務員男性とお付き合いするための戦略

街コンで公務員と戦略的に出会う方法

街コンで戦略的に公務員と出会う方法について、現職公務員が男性視点で解説します。

公務員男性のメリットについてはこちらの記事で紹介しています。

公務員は職業柄出会いのチャンスが少ない

公務員の出会いは少ないです。

役所の外に出向く機会が少ないため、ほとんどの人が同じ役所内で結婚します。

また、まれに外部出向先で結婚相手を見つける人もいますが、年に選ばれた数人程度しか外部出向するチャンスはありません。

かといって、お客さんである住民相手に恋愛などしようものなら懲戒処分は確実です。

そのため、公務員は結婚相手として条件は良いけれど、出会いのチャンスが多くない職業だと言えます。

公務員は街コンで出会いを求める人が多い

出会いが少ない公務員は街コンで出会いを求めます。

私も同じ職場の人と街コンに数回参加したことがありますし、同期では街コンで出会って結婚した人もちらほらいます!

結婚する位の年齢になると真剣に相手を探している公務員男子は非常に多いです。

公務員と出会うための街コン選びの戦略

公務員限定街コンがおすすめ

公務員街コンは「公務員」という職業が参加条件となっています。

当然、多くの公務員が参加しています。

公務員との出会いを求めるなら公務員限定街コン一択だと思います。

公務員街コンに参加するところまではいいですが、開催場所や規模によっていくつか種類があるので、オススメを紹介します。

都心部のおしゃれな街にはレベルの高い男性公務員が多い

都心部(港区や中央区など)のおしゃれな街で開催される街コンに参加することをオススメします。

私の経験上、おしゃれな街に来る人のほうが男性のレベルが高い傾向にあるからです。

池袋より銀座、新宿より丸の内がおすすめです。

ただし、落ち着いた雰囲気が好みの人は副都心(新宿や池袋など)の街コンに参加することをオススメします。

副都心のほうが地味ではありますが、落ち着いた雰囲気の参加者が多い傾向にあります。

着席形式の街コンに参加する

街コンには、「着席形式」「立食形式」が存在しますが、公務員男子と出会うなら着席形式の街コンがおすすめです。

立食形式の場合、基本的に男性が女性にアプローチをしないと会話が始まりません。

公務員は奥手な人が多く、立食形式だと肉食系男子の後ろに隠れてしまいます。

一方、着席形式であれば参加者全員と話すことが出来るため、奥手な公務員と話す機会を得ることができます。

規模の大きい街コンがオススメ

規模の大きい街コンをオススメします。

参加者の母数が多いほど、理想とする公務員の男性に出会える確率も高くなるからです。

小規模の街コンの場合、興味を持てる人がいなければ、ただの消化試合となってしまいます。

友達や同僚と複数人で参加する

街コンに参加する際は、複数人で参加するのをオススメします。

複数人のほうがその場に応じて臨機応変な対応を取ることが出来るからです。

興味を持った相手が一人で参加していた場合、一対一で会話できますし、相手が複数人の場合、友人と一緒に会話に加わることで男女比のバランスを保つことができます。

大手街コンサイトから検索して申し込む

以下のような街コンの大手ポータルサイトから街コンに申し込みます。

 

 

検索する際は、以下の条件を設定しましょう。

  • 銀座や丸の内などの都心
  • 着席形式
  • できるかぎり人数が多い

街コン参加の心構え

趣味の話題を考えておく

公務員は趣味に打ち込んでいる人が多いので、趣味の話題を持っていると話しが盛り上がりやすいです。

私の職場の人を例にとると、野球・サッカー・ゴルフ・ダーツ・フットサル・カラオケ・スノーボード・写真・映画・舞台など幅広い多種多様な趣味を持っています。

自分の趣味についてある程度話せるといいでしょう!

もし趣味がない人は、カラオケや映画など手軽に始められる趣味に取り組むのもおすすめです。

特に、映画の趣味はおすすめです。

近年は、オンライン映画配信サービスが増えてきているので、映画が趣味の公務員が増えています。

仕事内容を詮索し過ぎないこと

公務員の仕事内容はあまり詮索しすぎないほうがいいです。

相手から、「肩書目当て」と思われるリスクもありますし、「公務員叩き」をされないために職務内容を隠す人が多いように思います。

また、公務員は職務上守秘義務があり、デスクワーク中心のため仕事の話で盛り上がれることも少ないです。

メイクや服装は清楚系が無難

公務員は派手な見た目よりも、清楚な見た目を好む人が多いです。

髪色やメイクなどはあまり強調しすぎず、清楚な服装をするのがおすすめです。

一方で、派手なメイクや服装は奥手な公務員が引いてしまうケースがあるので、あまりおすすめできません。

開始時間20分前には到着しておく

開始時間20分前に到着すると、早く到着している異性と街コン開始まで話すことができます。

時間ぴったりに到着する人より多く話せるのでお得です。

また、後から来る参加者をチェックできるため、目当ての人を見定めることができます

さらに、プロフィールに書く内容をじっくり考えることが出来るため、会話に繋げやすいプロフィールを作成できます

とにかく、早く到着することはメリットづくめなので、できるだけ早く到着しておくことをオススメします。

どんな相手でも連絡先はとりあえず交換しておく

どんな相手でもとりあえず連絡先は交換しておくのがおすすめです。

たとえ相手に興味がなくても、友人などを経由して合コンなどを開催できます。

また、相手のレベルが高すぎるな〜と思っても、ダメ元で連絡を取りましょう。

失敗しても会うことはほとんどありません。

「恥は書き捨て」「やらない後悔よりやる後悔」といった攻めの姿勢が街コンには求められます。

街コンで出会った日に必ず連絡をすること

街コンで出会った日に連絡先を交換したら、その日のうちにできるだけ早く挨拶文を送りましょう。

「すぐに連絡をくれるなんてすごく律儀な人だな」というプラスの印象を与えられるし、「こんなに早く連絡をくれるほど自分に興味を持ってくれてるんだ!」という印象を与えることが出来るからです。

以下のような簡単な文章で結構です。

今日はありがとうございました。カメラ好きの〇〇です。ご都合があえばどこかでカメラで撮り歩きしたいですね〜

ただし、最低限、自分が誰だったかを思い出せるように街コンで会話した内容を文章に混ぜ込みましょう

まとめ

現職公務員が街コンについて戦略を解説してみました。

最終的には相手とのフィーリングが大切ですが、より効率的に相手を見つけるため、本記事を参考にしていただけると幸いです。

ご覧頂きありがとうございました。

特別区10番台・区面接1位合格者が合格のノウハウを全て暴露!3分間スピーチの具体的な対策法と志望動機の具体例を徹底公開します⬇︎