公務員予備校

国立大学法人におすすめの予備校5選!【試験の特徴・試験科目・配点・合格倍率・合否決定方法も併せて紹介】

国立大学法人志望者

国立大学法人の受験におすすめの予備校はどこだろう?

こういった疑問にお応えします。

国立大学法人とは、東京大学や京都大学をはじめとする独立行政法人であり、通常の公務員試験と採用フローが似ています。

通常の公務員試験との大きな違いは筆記試験の科目数が少なく、多くの受験生が出願しやすいという点です。

そんなコスパよく公務員の待遇を得られる国立大学法人について、おすすめの予備校をご紹介します。

国立大学法人におすすめの予備校5選

人差し指を立てる笑顔の女性

国立大学法人におすすめの予備校の費用と特徴をご紹介します。

【費用】国立大学法人におすすめの予備校5選

予備校費用
TAC 【教養型市役所本科生】
  • ¥198,000(通信)
  • ¥195,000(通学)
【Webフォロー】(※)
  • ¥10,000(通学生限定)
※授業をWeb上で何度でも視聴できる制度
LEC 【市役所教養コース】
  • ¥215,000(通学)
  • ¥210,000(通信)
※書店・大学生協経由で5%割引
クレアール 【地方上級・市役所教養コース】
  • ¥165,000(通信)
  • ¥138,000(10月割引価格)
【オプション安心保証】(※)
  • ¥20,000
※受講期限を1年間延長できる
資格の大原 【教養型市役所合格(春受験)コース】
  • ¥202,600(教室通学、映像通学)
EYE 【教養シンプルコース】
  • ¥179,000(一般価格、通学)
  • ¥163,800(一般価格、通信)
【教養プレミアムコース10】
  • ¥229,000(一般価格、通学)
  • ¥213,800(一般価格、通学)

【特徴】国立大学法人におすすめの予備校5選

予備校費用
TAC
  • 国立大学法人で圧倒的な合格実績
  • 【校舎数】
    全国35校舎
LEC
  • 【校舎数】
    全国52校舎
  • 数的処理対策が充実
  • 面接対策試験が充実
クレアール
  • 圧倒的に価格がやすい
  • 【校舎数】
    1校(東京都水道橋のみ)
  • 個別面接指導の受講回数が無制限
資格の大原
  • 国立大学法人の合格者複数
  • 【校舎数】
    全国109校
  • 数的処理対策が充実
EYE
  • 価格がやすい
  • 【校舎数】
    3校(渋谷・池袋・水道橋)
  • 一人ひとりにきめ細かい指導

上記では、市役所教養型コースを紹介していますが、国立大学法人の受験にも対応しています。
(国立大学法人と市役所教養型の受験科目は全く同じです。)

【国立大学法人の予備校】TAC

右人差し指を立てる女性
メリット
  • 国立大学法人の合格実績が優れている
  • 面接対策の受講回数が無制限
デメリット
  • 通学生がWebフォローを利用する場合、追加費用がかかる

【TACのメリット】国立大学法人の合格実績が優れている

TAC合格実績(2019年度)

  • 国立大学法人等(大卒程度):180名

TACは国立大学法人の試験で優れた合格実績を上げています。

これがTACのカリキュラムの質が高いからです。

ちなみに、国立大学法人の合格実績を正確に公表しているのはTACだけです。

ススム

それだけ合格実績に自信があるということですね。

【TACのメリット】面接対策の受講回数が無制限

TACは面接対策の受講回数が無制限です。

国立大学法人の試験は、面接試験を重視するためこれは大きなメリットです。

また、国立大学法人は最終合格後に、各国立大学の個別面接が控えています。(官庁訪問のようなもの)

ススム

面接試験対策を万全に行えるのは非常に心強いですね。

【TACのデメリット】通学生がWebフォローを利用する場合、追加費用がかかる

通学生がWebフォローを利用する場合、追加費用¥10,000がかかかります。

LECや大原は通学生のWebフォロー利用は無料なので、これはデメリットといえます。

Webフォローの利用はぜひ利用したいので、実質的な値上げにつながっています。

ススム

私はTAC通学生でしたが、ほとんどの受講生がWebフォローを利用していました。

【国立大学法人の予備校】LEC

人差し指を立てる笑顔のナース
メリット
  • 面接対策が非常に充実している
  • 数的処理の対策が充実している
デメリット
  • 国立大学法人の正確な合格実績が不明

【LECのメリット】面接対策が非常に充実している

LECの面接対策

  • 現役のキャリアカウンセラー
  • 元企業の人事担当や元官公庁経験者
  • LEC専任講師

LECは面接対策が非常に充実しています。

LECは公務員試験で面接対策が重要なことを特に意識しているからです。

また、LECは面接対策は通信生、通学生関係なく受講回数は無制限です。

さらに、県内にLEC校舎がない方は、Web上で面接指導をしてくれます。

ススム

受験生当時にLEC講師の面接指導を受けましたが、非常にクオリティが高かったので満足しています。

【LECのメリット】数的処理の対策が充実している

LECの数的処理

  • 数的処理プラクティス:4回
  • 過去問解きまくり解説講座:数的処理110問解説

LECの国立大学法人対策は数的処理の対策が充実しています。

国立大学法人の試験で最も差がつきやすいのが数的処理を理解しているからです。

LECでは数的処理を特に重点的に対策できるので、筆記試験の合格率アップを期待できます。

ススム

「過去問解きまくり解説講座」ではなんと合計110問もの数的処理問題の解説をしてくれるので弱点を補強できますね。

【LECのデメリット】国立大学法人の正確な合格実績が不明

LECは国立大学法人の正確な合格実績が不明です。

残念ながら、合格者総数を公表していません。

しかし、LECは難関の国家総合職試験などでも複数の上位合格者を輩出しているため、国立大学法人でも相当数の合格者がいることが推測できます。

【国立大学法人の予備校】大原

人差し指を立てる女性
メリット
  • 全国に109校存在しており、地方在住者が通いやすい
  • 数的処理を初歩から学習できる
デメリット
  • 講師の質にバラツキがある

【大原のメリット】全国に109校存在しており、地方在住者が通いやすい

大原は全国に109校舎を有しており、地方在住者でも通いやすい予備校です。

大原は公務員予備校の中でトップクラスの規模を誇るからです。

TAC・LECなどの大手予備校は首都圏を中心に展開しているため、地方在住者には通いにくいです。

そんな中で大原は全国各地に校舎を有しており、通いやすい学校です。

【大原のメリット】数的処理を初歩から学習できる

大原の数的処理

  • 【公安系主要科目講義】
    • 判断推理:5回
    • 図形:4回
    • 数的処理・資料解釈:6回
  • 【公安系主要科目択一演習】
    • 判断推理:1回
    • 図形:1回
    • 数的推理・資料解釈:1回

大原は数的処理を初歩から学習できます。

公安系公務員の志望者が受講する「数的処理バックアッププラン」を受講できるからです。

数的処理は国立大学法人の筆記試験で合否を分けるキー科目なので初歩から学習できるのはメリットです。

ススム

数的処理は理解するまでが一苦労なので、算数や数学が苦手な人は大原で基礎から学ぶのをおすすめします。

【大原のデメリット】講師の質にバラツキがある

大原は講師の質にバラツキがあるようです。

非常勤講師の割合も多く、必ずしもプロの講師が教えてくれるとは限らないという口コミもあります。

ただし、Web講義では基本的に看板講師が指導しているため、通学講義で不満がある人はWeb講義を活用しましょう。

(大原は全通学生にWebフォローが標準装備されています。)

【国立大学法人の予備校】EYE

人差し指を立てている若い女性
メリット
  • 一人ひとりにきめ細かい指導をしてくれる
  • 受講生の偏差値にかかわらず優れた合格実績を誇る
デメリット
  • 校舎が東京都内にしか存在しない

【EYEのメリット】費用がもっともやすい

EYEは費用が最もやすい予備校です。

EYEは小規模なローカル予備校で設備費用を抑えているからです。

たったの16万円程度で国立大学法人の受験に必要な科目を全て学べます。

費用
EYE¥163,800
クレアール¥165,000
LEC ¥210,000
TAC¥198,000
大原¥202,600

【EYEのメリット】受講生の偏差値にかかわらず優れた合格実績を上げている

2019年度のEYEの合格実績

【一次試験合格率】
80.6%(188名/233名)
【最終合格率】
150名/233名(64.3%)
※合格者数は実人数でカウント

EYEは受講生の偏差値にかかわらず優れた合格実績を上げています。

EYEの受講生は日東駒専や大東亜帝国などの中堅大学生が中心です。

一方で、公務員試験の合格者は国公立大学や難関私立大学の学生が中心です。

そんな中で、EYEの受講生は約3人に2人が合格を勝ち取っています。

【EYEのメリット】一人ひとりにきめ細かい指導をしてくれる

EYEは一人ひとりにきめ細かい指導をしてくれます。

EYEは全受講生が200人〜300人程度と小規模なため、講師の目が受講生全体に行き届いているからです。

勉強の進め方につまづいたときや面接対策を行うのにもとても心強いです。

【EYEのデメリット】校舎が東京都内にしか存在しない

EYEは校舎が東京都内に3ヶ所(水道橋、池袋、渋谷)にしか存在しません。

EYEはきめ細やかな指導を売りにした都内の小規模な予備校だからです。

都内の校舎に通えない人は自習室を利用したり、気軽に講師に相談するのが難しくなります。

ただし、都内の校舎に通えない方でも電話・メール・LINEで個別に疑問点の質問ができます。

【国立大学法人の予備校】クレアール

人差し指を立てる女性
メリット
  • 費用が圧倒的にやすい
  • 2万円の追加料金で受講期限を1年間延長できる(オプション安心保証)
デメリット
  • 対面での面接指導を受けられるのは水道橋本校のみ

【クレアールのメリット】2万円の追加料金で受講期限を1年間延長できる(オプション安心保証)

クレアールは2万円の追加料金で受講期限を1年間延長できるオプション安心保証があります。

万が一、1年目の受験に失敗したとしても、たった2万円の追加料金でもう1年通うことが可能です。

例)国立大学法人の講座を2年間受講するケース
予備校2年間でかかる料金
クレアール1年目:¥165,000
2年目:¥20,000
合計:¥185,000
LEC1年目:¥210,000
2年目:¥147,000
合計:¥357,000
TAC1年目:¥198,000
2年目:¥131,040
合計:¥329,040
EYE1年目:¥163,800
2年目:¥114,660
合計:¥278,460
大原1年目:¥202,600
2年目:¥141,820
合計:¥344,420
(※LEC・TAC・大原は再受講割引30%、EYEは再受講割引%を適用した価格で、最も安いweb通信講座で計算しています。)

仮に1年目の受験で不合格になってクレアールに2年間に通った場合、その他の予備校に通う場合に比べて約15万円も費用を安くできます。

【クレアールのデメリット】対面での面接指導を受けられるのは水道橋本校のみ

クレアールは対面で面接対策を受けられるのは水道橋本校だけです。

面接試験は対面の方が具体的な指導を受けられるためこれはデメリットといえるでしょう。

ただし、水道橋本校まで通えない人は電話やメールで面接指導を受けることができます。

国立大学法人の倍率

受験者数1次合格者倍率
事務5,7481,5053.8倍
図書125353.6倍
電気5,7481,5053.8倍
機械 16121.3倍
土木761.2倍
建築1081.3倍
事務5,7481,5053.8倍
化学1782.1倍
物理 321.5倍
電子
・情報
971.3倍
資源工学000倍
農学 12101.2倍
林学212倍
生物・
生命科学
961.5倍
合計5,9721,6113.7倍

※2次試験は各国立大学によって倍率が異なるため割愛しています。

国立大学法人の倍率は、1.2倍〜4倍程度です。

事務系の方が倍率が高い傾向にあり、理工系はいずれも2倍を切っています。

国立大学法人の試験内容

本にのせたりんご
国立大学法人の試験内容

【1次試験:教養試験(120分)】

  • 一般知識:20問
    • 人文科学:7問
    • 社会科学:7問
    • 自然科学:6問
  • 一般知能:20問
    • 文章理解:7問
    • 判断推理:8問
    • 数的推理・資料解釈:5問
【2次試験:各国立大学法人で実施】
  • 面接考査等

「図書」の第一次試験合格者に対して別途、「図書系専門試験(筆記試験)」を行います。

国立大学法人の試験は筆記試験が教養科目のみなので非常に対策しやすいです。

ただし、筆記試験のハードルが低い分ライバルと差がつきにくいため、面接試験がさらに重要になってきます。

ススム

傾向としては、市役所教養型などと同じような試験種といえるでしょう。

国立大学法人の配点と合否決定方法

  • 1次試験:教養試験40問の得点順
  • 2次試験:各国立大学で行われる面接試験の成績

国立大学法人は上記のとおり合否決定方法は非常にシンプルです。

1次試験は筆記試験でどれだけ得点できたかで決まり、2次試験は面接試験がどれだけできたかで決まります。

対策科目数が少ないため、受験の戦略をたてる余地が少なく、単純にどれだけ勉強してきたか?を問われる試験です。

ススム

非常にシンプルな方法で合格が決まるので対策しやすいですね。

国立大学法人の予備校選びのポイント

ポイントと人差し指
  1. 数的処理の対策が充実していること
  2. 面接対策が充実していること

国立大学法人に合格するためには上記の2点を抑えた予備校選びをしましょう。

この2点が国立大学法人の受験を分けるキーポイントだからです。

【国立大学法人の予備校選びのポイント①】数的処理の対策が充実していること

数的処理対策が充実している予備校を選びましょう。

教養試験科目で最も多くの人がつまづくポイントが数的処理だからです。

単純な暗記だけでは太刀打ちできない問題も多く、理解するまでに相応の時間がかかります。

そのため、数的処理対策が充実している予備校を選ぶのがポイントです。

ススム

LECや大原は数的処理対策が充実している予備校ですよ。

【国立大学法人の予備校選びのポイント②】面接対策が充実していること

もう一つのポイントは面接対策が充実していることです。

国立大学法人の面接合否は100%面接試験の出来で決定されるからです。

国立大学法人はどの組織も採用数がそれほど多くないため、面接試験対策は特に重要なポイントです。


ススム

基本的に、今回紹介した予備校はどれも個別面接の受講回数は無制限なので安心でしょう。

【国立大学法人】合格するなら独学よりも予備校がおすすめ

国立大学法人に合格するなら独学よりも予備校がおすすめです。

公務員試験に合格するためには予備校に通う方が有利だからです。

予備校に通っていれば、受験情報を素早く入手できたり、疑問点を講師に聞くことで解決できます。

一方で、独学の場合はこれらを全て自分でカバーしなければいけません。

【国立大学法人】予備校費用は公務員のボーナス1回分で回収できる

公務員になれば予備校費用はボーナス1回で回収できます。

新卒公務員は冬のボーナス1回で最低でも30万円程度を受け取れるからです。

今回紹介した国立大学法人の予備校代は約15万円〜20万円程度です。

予備校費用は将来への投資と考えよう

予備校費用は将来への投資と考えましょう。

一時的にお金はかかりますが、長い目で見れば充分元は取れるからです。

独学で公務員試験に合格できればお金がかからない分お得に思いますが、その分合格率も下がります。

仮に公務員試験に不合格になれば、予備校費用はかかりませんが公務員の年収分(300万円程度)を損します。

ススム

30万円をかけてでも1年後の300万円を確実に撮りに行く方が賢明だと思います。

【国立大学法人の予備校】費用を安く抑える方法

公務員志望者

予備校に通いたいけど、どうしてもお金が足りない、、、

こういった方に向けて、国立大学法人の予備校選びで少しでも費用を安く抑える方法をご紹介します。

予備校の単科講義を有効活用する

公務員予備校では単科講義の受講も可能です。

単科講義は本科生コースに比べて価格が安いからです。

今回紹介したコース以外にも複数の単科講義があります。

注意点として、単科講義は一部校舎で行っていないものもあるため、パンフレット請求で確認するのがおすすめです。

【無料】予備校のパンフレット請求で割引を行う

予備校のパンフレット請求で割引を行えます。

時期によっては割引クーポンや割引情報を入手できるからです。

予備校によっては1万円の割引クーポンを同封しているところもあるため、公務員予備校を利用するなら資料請求は必須です。

また、講義内容が要点を抑えて紹介されているため情報収集としても役立ちます。

国立大学法人におすすめの予備校
の資料請求はこちら

【まとめ】財務専門官になるためにはまずは小さな行動から

こちらを向くビジネスウーマン

最後に今回紹介した予備校についておさらいします。

費用特徴
TAC 約19.5万円
  • 国立大学法人の試験で優れた合格実績を誇る
  • 【校舎数】
    全国35校舎
LEC約21.5万
  • 【校舎数】
    全国52校舎
  • 数的処理対策が充実
  • 面接対策試験が充実
クレアール 約16.5万円
  • 圧倒的に価格がやすい
  • 【校舎数】
    1校(東京都水道橋のみ)
  • 個別面接指導の受講回数が無制限
資格の大原 約20万円
  • 国立大学法人の合格者複数
  • 【校舎数】
    全国109校
  • 数的処理対策が充実
EYE 約16万円
  • 価格がやすい
  • 【校舎数】
    3校(渋谷・池袋・水道橋)
  • 一人ひとりにきめ細かい指導

国立大学法人の試験に合格するためには毎日の小さな努力をコツコツと積み上げていく必要があります。

コツコツとした積み上げの第一歩として、まずは予備校の資料請求で割引クーポンなどをゲットして少しでも効率的に情報収集につとめましょう。

そういった努力の積み重ねが財務専門官試験の合格に結びつきます。

本記事が財務専門官を目指すあなたのお役に立てれば嬉しいです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
susumu
都内の某市役所で勤務していた元地方公務員のススムです。 勤めていた市役所を主席(1位)合格しました。 公務員を目指している受験生や公務員への転職を考えている人に向けて、公務員の採用現場の裏側や人事制度・仕事についてリアルな経験をもとに書いていきます。
特別区10番台・区面接1位合格者が合格のノウハウを全て暴露!3分間スピーチの具体的な対策法と志望動機の具体例を徹底公開します