副業

一人暮らしの公務員が節約するには安い電力会社を利用するのがおすすめ!

公務員になったらできるだけ早めに料金の安い電力会社に切り替えましょう。

収入を増やすことが難しい公務員は、支出面を抑えることが最も効率的だからです。

電力会社の切り替えは特に費用対効果の高い節約方法です。

簡単にできる割に長期間にわたって恩恵を受けることができるからです。

早ければ早いほど恩恵が大きくなります。

安い電力会社に切り替えるメリット

普通の人は「東京電力」を利用していますが、これを安い電力会社へ切り替えるメリットは以下の通りです。

  • 少ない労力で多額のお金を節約できる
  • 電力会社は乗り換えても全くストレスがない!

少ない労力で多額のお金を節約できる!

ひとつ目のメリットは、電力会社の切り替えによって少ない労力で多額のお金を節約できることです。

電気代のような固定費は毎月一定額発生します。

そのため、一旦安い電力会社に切り替えてしまえば、その後ずっと安い電気料金を利用し続けられます。

しかも切り替え自体は非常に簡単です。

少ない労力で多額のお金を節約できるのでおすすめです。

安い電力会社を利用しても電気の質に差がなく、ストレスがない!

安い電力会社を利用しても電気の質に差はがなく、ストレスがありません。

どんなに安い電力会社を利用しても「電気は電気」だからです。

例えば、携帯電話であれば、MVNO(格安sim携帯)は確かに安いですが、通信速度が3大キャリアに劣ります。

MVNO(格安sim携帯)が使用できる電波の通信料が3大キャリアに比べて少ないからです。

そのため、MVNO(格安sim携帯)は安さと引き換えにスマホ使用時にストレスを感じることがあります。

しかし一方で、電力会社の場合会社によって電気の質に差はありません。

つまり、電気料金を安くすることのデメリットがないということです。

東京電力と比較して電気代を年間1万円ほど節約できる!

電力会社を変更するだけで、年間1万ほど電気代を節約できます。

東京電力よりも安い料金体系を提供している会社があるからです。

例えば、これから紹介する楽天でんきエネオス電気などは東京電力よりもお得な料金体系を提供しています。

では、具体的にはどのくらいお得なのかを解説していきます。

一人暮らしの平均的な月間消費電力は75kwh~105khw程度

一人暮らしの平均的な月間消費電力は75kwh(春ごろ)~105khw(冬場)程度です。

春はエアコンなどを使用しないため最も消費電力が少なく、冬場は暖房を多用するため消費電力が最も大きくなっているからです。

具体的には、以下のような消費電力となっています。

 5月(中間期)8月(冷房期)1月(暖房期)
1人世帯76kwh95kwh105kwh
2人世帯115kwh132kwh177kwh
3人世帯129kwh166kwh206kwh
4人世帯118kwh187kwh226kwh

1人暮らしの消費電力は30Aが目安
30アンペアより少ないアンペア数の場合、電子機器を同時に使用するとブレーカーが落ちてしまうからです。
一方で、30アンペアより大きいアンペア数の場合、基本料金が割高になってしまうからです。
一人暮らしは30Aが適正であることは、1人暮らしをしてる私の経験からも実証済みです。

一般的な1人暮らしの電気料金の会社ごとの比較

上記を踏まえて、一般的な1人暮らしの電気料金を会社ごとに比較すると以下の通りです。

 75kwh(使用電力が少ないとき)105kwh(使用電力が多いとき)年間利用料の最大差額
東京電力(従量電灯B)2410円3030円
エネオス電気2334円2924円1272円
楽天エナジー1987円2782円5076円

※以下の条件で計算しています

  • 2020年3月時点の料金体系
  • 東京都の場合を想定
  • 各社の一人暮らし用プランで計算

さらに、上記に加えてさまざま特典(ポイント還元や電気料金の割引)を加えるとさらにお得に電気を利用できます。

電力会社の変更方法

続いては電力会社の変更方法について解説します。

【必須】電力会社の切り替えは可能な限り早く行うこと!

電力会社の切り替えは可能な限り早く行いましょう。

固定費の削減は早ければ早いほどより多くの節約ができるからです。

1年ごとに1万円ほどの収入差額が生じます。

さらに、特典を合わせればそれ以上に節約が可能です。

電気料金はなにもしない人ほど損をする仕組みになっているので、今すぐ下のリンクから申し込むことをおすすめします。

電力会社の切り替えの手続きはとても簡単!

電力会社の切り替えの手続きはとても簡単です。

必要事項を切り替え先の電力会社に登録するだけで、解約手続きや電気の切り替え手続きをすべて勝手に行ってくれるからです。

原則としてどの電力会社へ切り替えたとしても、会社が切り替え手続きを行ってくれます。

一人暮らし公務員におすすめの電力会社一覧

一人暮らしの公務員におすすめの電力会社は以下の電力会社です。

楽天でんき

楽天電気には以下のメリットがあります。

  1. 楽天ポイントが付与される
  2. 楽天ポイントで支払が可能

楽天でんきは楽天ポイントが付与される。

楽天でんきを利用すると楽天ポイントが付与されます。

楽天でんきは楽天のグループ会社だからこそ実現できた強みです

具体的には、以下のようなポイント特典を得られます。

  1. 楽天でんき切り替えで2000ポイントゲット
  2. 電気料金200円につき1ポイント貯まる
  3. 楽天市場の買い物200円につき1ポイント付与

このように楽天でんきに加入すると、同じ楽天グループのサービス利用が非常にお得になります。

↓ 楽天電気への加入はこちらから

楽天ポイントで支払が可能

楽天電気の使用料金は、楽天ポイントで支払が可能です。

これも楽天のグループ会社だからこそできる強みです。

現金でなくポイントで支払うことができれば、実質的な節約となります。

1ポイント=1円で支払が可能です。(最低で50ポイントから支払いが可能です。)

エネオス電気

エネオス電気も一人暮らしの公務員におすすめの電力会社です。

エネオス電気には以下のメリットがあります。

  1. 2年間の利用で電気料金割引
  2. 各種クレジットカードと連携で特典あり!
  3. 電気料金200円につきTポイントが1ポイントたまる

エネオス電気も、楽天電気と同様に様々なメリットがあります。

私もエネオス電気を利用しています。

【まとめ】電力会社は安いところを利用すること!

電力会社は安いところを利用しましょう!

固定費を削減することで楽してお金を貯めることができるからです。

少しの努力で長期間経済的に生活できるので、できるだけ早めに電力会社を切り替えましょう。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

公務員でも合法的に稼げる副業まとめについて、以下の記事で解説しています。

「現在の公務員の給料じゃ満足できない!もっとたくさん稼ぎたい!」

こう考えている方はぜひご覧ください。