test

公務員が動画編集スキルで稼げる?【独立・転職・本業にも生きる】

公務員が動画編集を始めるメリットってあるのかな?

こういった疑問にお応えします。

近年はYoutubeやTiktok、Instagramなど動画コンテンツが流行しています。

そんな中、動画編集で稼ぎたいと考える公務員は増えているはず。

今回は公務員が動画編集で稼ぐ事ができるのかについて紹介していきます。

公務員が副業で動画編集できるのか?

公務員は動画編集を副業として稼ぐのが違法とされます。

 

公務員は動画編集で稼げるケースがあります。

(ただし、原則は禁止されている。)

動画編集で稼いでいる現役公務員もいる

 

動画編集で稼ぐのが許されている本当の理由

  • 一定の公益性がある仕事
  • 単発の案件であるため反復継続しない

 

「反復継続性がないため副業とはみなされない」とのこと。

通常、こういった揉め事の火種を嫌います。

しかし、この方はYoutuberとして日頃から実名・顔出しで情報発信しており、活動内容や考え方もある程度しられているようです。

おそらく本業の仕事で一定以上の評価を得ており、職務に有用な人物だと判断されているからです。

 

 

 

報酬を得なければ合法

公務員が禁止されているのはあくまで[報酬を得ること」だけです。

Youtube、Instagram,TiktokなどのSNSをやることはなんの問題もありません。
(憲法で[表現の自由」としてシッカリ保証されている)

問題は報酬を得ることだけです。

公務員が動画編集を副業にするのはメリットあり

 

本業に生かせる

転職や独立に生かせる

転職や独立の可能性を育てられる

【公務員の動画編集のメリット】転職に生かせる

動画編集で転職を考える人もいますね。

 

 

現在の公務員の仕事内容や職場環境に疑問を感じている方も多いハズ。

【公務員の動画編集のメリット】公務員の本業に生かせる

いろいろな役所でYoutubeなどの動画媒体をPRに活用するところは増えていきます。

農林水産省: BUZZ MAFF(ばずまふ)

国の省庁・都道府県庁・市区町村など、ほとんどすべての役所がYoutubeチャンネルを持っています。

ぼくの職場でも多く利用されています。

広報系の部署
役所のPRでデザイン・動画編集ソフトなどを使用する

土木・建築系の部署
製図ソフトやデザインをソフトを使用する

ぼくが見るに多くの役所ではまだまだ動画編集や構成が甘いです。

動画編集に詳しい人材としてポジションを確立することが十分に可能です。

【公務員の動画編集のメリット】本業でスキルを伸ばせば独立にも役立つ

デザイン系のスキルを伸ばすことで独立を果たした佐久間智之さんのような元公務員もいます。

この方は在職中にデザインコンクールで内閣総理大臣賞を受賞し、その後写真家やデザイナーとして独立を果たしています。(以下のような本も出版しています。)

本業で動画編集のスキルを伸ばしていけば、この方のように将来的に独立の実現にもつながりますね。