公務員予備校

公務員試験予備校の特徴・費用と受験生タイプ別のおすすめ予備校をご紹介します

公務員試験に合格するには自分の弱点補える相性の良い予備校を選ぶこと

ハートを抱える女性

公務員試験に合格するには自分の弱点補える相性の良い予備校を選ぶ必要があります。

公務員試験は筆記試験・面接試験対策でまんべんなく平均以上の得点をとる必要があるからです。

どこかしらの科目で弱点があると合格を勝ち取ることができません。

今回は各公務員ごとの特徴と、予備校のおすすめの調べ方を私の経験談を交えてご紹介します。

(本記事では複数の公務員予備校の資料請求のために複数の予備校のページへ飛びます。本ページを見失わないように、あらかじめブックマークしておくことをおすすめします。)

【おすすめ】公務員試験予備校はまとめて資料請求すると情報収集がとても楽!

小さい郵便ポスト

公務員予備校は資料請求をまとめて行うのがおすすめです。

資料請求したほうが体系だった情報をまとめて簡単に得ることができるからです。

予備校の情報はホームページ上でも情報を公開していますが、ここから情報収集するのは非常に大変です。

情報があちこちに散らばっているものが多く、情報がまとまっていないところが多いからです。

また、そもそもとして受講料金をホームページ上に公開していない学校も多いです。

そのため、資料請求や個別カウンセリングを通じて料金を確認する必要があります。(例えば、大栄や大原は料金を公表していません)

つまり、ホームページをあれこれ見て不明な情報に悩むより、一括で資料請求してあとは資料が届くのを自宅で待っているほうが効率的です。

公務員試験予備校の比較はかなりのエネルギーを要するので、情報収集で省エネできる部分は省エネしましょう。

ある程度候補を絞ったうえで、1,2校の個別カウンセリングにエネルギーを集中するほうが効率的に予備校を探せます。

公務員予備校の資料は以下のリンクから請求可能です。

公務員予備校の料金比較

各公務員予備校の代表的な講座の料金は以下の通りです。

  • LEC:約40万円
  • クレアール:約27万円
  • 大栄:約45万円
  • TAC:約32万円
  • 大原:約36万円
  • Z会:約18万円
  • EYE:約21万円

※いずれの講座も公務員試験予備校で代表的な1年制で国家一般職・地方上級講座に相当するコースの価格。2020年2月時点の情報です。

上記の料金はあくまで目安です。
時期によっては料金の割引などが実施されています。
詳細は各予備校の資料請求や無料カウンセリング予約で確認しましょう。

公務員予備校ごとの特徴とおすすめの受験タイプ

ぬいぐるみの探偵

公務員予備校ごとの特徴とおすすめの受験タイプをご紹介します

公務員予備校業界は競争が激しく各学校ごとに独自の特色を持たせているからです。

【講師陣の指導力が予備校イチ】LEC(東京リーガルマインド)

LEC(東京リーガルマインド)は、講師陣の指導力が予備校イチです。

実際に私が公務員試験を受験していたとき、いくつかの予備校講師と面談する中で実感したしたからです。

受験期に独学で試験勉強をしていた私には、対策の方向性を決めるのに非常に役立ちました。(当時、LECは単科で担任相談を受講できました)

LECは実力主義の風潮があり、行使も実力のある人だけが生き残っている印象です。

また、自分の通っている校舎以外の担任と面談することも可能です。

自分に合った講師を見つけることができ、効果的な受験対策を行うことができます。

  • 面接対策でより具体的なアドバイスを受けたい方
  • より自分に合った講師を見つけたい方

以下のリンクから資料請求ができます

LEC(東京リーガルマインド)の 詳細は以下の記事で解説しています。

[kanren id=”8694″ target=”_blank”]

【心理・福祉系公務員のカリキュラムが充実!価格も安い!】クレアール

クレアールは心理・福祉系公務員のカリキュラムが充実しています。

心理・福祉系の公務員試験対策で名物講師がおり、心理・福祉系公務員のテキストが充実しているからです。

実績として、国家総合職の人間科学区分(心理・福祉系で最難関の試験で採用数が非常に少ない)で10名以上もの合格者を輩出しています。

また、クレアールは数ある公務員予備校の中で最も安価で通える公務員予備校です。

標準的な公務員試験講座をなんと年間27万円程度で受験できます。

  • 心理・福祉系公務員を目指している方
  • 心理・福祉系の大学院に通っている方
  • 予備校の費用を安く抑えたい方

以下のリンクから資料請求ができます

クレアールについては詳細は以下の記事で解説しています

[kanren id=”12499″ target=”_blank”]

【エントリーシート・面接対策に強い】資格スクール大栄

資格スクール大栄はエントリシート・面接対策に非常に大きな強みを持ちます。

エントリーシートと面接対策のカリキュラムが充実しているからです。

大栄のエントリーシート・面接対策のテキストは合計で100ページにも及ぶ充実した内容です。

ここまで手厚い面接対策テキストを作っているのは、私の知る限り大栄だけです。

また、自己分析には採用コンサル会社が使用しているツールを無料で使用できます。

さらに、1対1の個別面談が充実しており、ひとりひとりに合ったきめ細かい指導を受けることができます。

  • 面接対策が不安な方
  • 筆記試験を突破できたが、面接試験を突破できない再受験生の方

以下のリンクから資料請求ができます。

大栄公務員講座の詳細は以下の記事で解説しています。

[kanren id=”13536″ target=”_blank”]

【筆記試験の教材やカリキュラムの質が予備校イチ】TAC(タック)

TACは筆記試験の教材やカリキュラムの質が予備校イチです。

TACは公務員予備校業界最大手の予備校であり、豊富な筆記試験対策の情報を持っているからです。

私はTACに通っていたことがありますが、東京都庁などの筆記試験対策が必要な自治体を受験する場合はTACのテキストが非常に役立ちました。

実際に私はTACの講座を受講したおかげで「公共政策論文」(地方公務員系では最難関の論文課題試験)を課される東京都1類Aに合格できました。

  • 国家総合職などの難易度の高い筆記試験が出題される試験を受ける方
  • 東京都庁1類Aや1類Bなど難易度の高い論文問題が出題される試験を受ける方

以下のリンクから資料請求できます。

TAC公務員講座の詳細は以下の記事で解説しています。

[kanren id=”8542″ target=”_blank”]

【公務員試験の目標を持った仲間と切磋琢磨したいなら】大原公務員予備校

大原公務員予備校は、公務員試験の目標を持った仲間と切磋琢磨したい方におすすめの予備校です。

大原は高校のようにクラスがあるため、毎日半強制的に学校に通うことができるからです

学校に通ってさえしまえば、あとは勉強に集中できます。

また、同じ公務員試験を受験する仲間とのつながりを持つことができます。

公務員受験では同じ目標を持った仲間がいると特に面接試験対策で力を発揮します。

自分のエントリーシートや面接の欠点を仲間同士で指摘できるため、より客観的に面接対策を行えます。(私は受験直前はほぼ独学だったため非常に苦労しました。)

  • 自分ひとりでスケジュール管理するのが苦手な方
  • 同じ公務員志望者と切磋琢磨して面接対策に臨みたい方

詳細は以下の記事で解説しています。

[kanren id=”” target=”_blank”]

【圧倒的安価で公務員受験に望みたい人】Z会公務員講座

大学受験で有名なZ会は公務員講座を提供しています。

Z会公務員講座はカリキュラムの大半がTAC公務員講座のテキストやカリキュラムとなっています。

TACのテキストは私が様々な公務員予備校のテキストを比較した中で、最も優れたテキストだと感じました。

ただし、TAC公務員予備校と比較して圧倒的に価格が安いです。

コース名Z会の受講料金TAC本科生の受講料金
地方上級・国家一般職コース178000円345000円
東京都・地方上級本科コース188000円345000円
【教養型】市役所・地方上級・国家一般職本科コース96000円196000円

TACと同じカリキュラムで、TACより50%以上安い価格で受講できる公務員講座も存在します。

Z会が安価でカリキュラムを提供できるのはZ会が通信教育に特化しているからです。

Z会は教室を持たないため、非常に安い価格でTACの質の高い公務員講座を受講できます。

各公務員予備校の資料請求はこちらから

【まとめ】自分に合った公務員予備校を選ぶことが合格に必須!

大空と桜

各公務員予備校の特徴と調べ方についてまとめました。

予備校ごとに特徴があり、自分に合った予備校を選ぶことが合格への近道です。

公務員試験は平均的に得点できることが合格の条件です。

繰り返しになりますが、筆記試験が苦手だと一次試験に通りませんし、面接試験が苦手だと最終合格を得られません。

苦手分野を補ってバランスよく得点できるよう、自分の弱点を補える予備校を選んで最大限活用しましょう。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
ススム
都内の某市役所で勤務している現職地方公務員のススムです。 現在勤めている市役所を主席(1位)合格しました。 公務員を目指している受験生や公務員への転職を考えている人に向けて、公務員の採用現場の裏側や人事制度・仕事についてリアルな経験をもとに書いていきます。